「急に頬にシミができてしまった!?」「何だろうこれは?」「肝斑?どう知ればいい?」

急にシミができてしまうと驚いて何もできなくなってしまいます。特に頬に急にできてしまったシミは目立つので大変です。

しかしそこで慌ててはいけません。もしかすると正しい足し穂の仕方を知っていれば急にできたシミが消えるどころか、今までに気がつかなかった美白のヒントも得られるかもしれないのです。

 

頬に急にできるのはシミ?肝班?違いを知ろう

シミという大きな括りの中に肝斑やそばかすも含まれています。つまりシミ対策と一般にまとめてしまうよりもそれぞれの特徴を知って、対策を合わせる必要があるのです。頬に急にできたシミというのはどのような対策ができるでしょうか?順番に考えて見ましょう。

 

1、シミと肝班の違い

シミの種類では日光黒子、雀卵斑、炎症後色素沈着、肝斑とに分かれています。

 

・日光黒子

老人性シミとも呼ばれ、ほとんどのシミがこれに当たります。中年以降は増えてきてしまいます。

年齢によるシミではありますが普段の食生活や化粧水の使い方によって原因を減らせる可能性もあります。年齢的に美白を始めるタイミングとして考えてもいいのかもしれません。

 

・雀卵斑

そばかすとも呼ばれ、小さな頃から出てくる人も少なくありません。思春期に特に目立ち、遺伝も強いようです。最近では、ニキビ・そばかす専用のクリームなども出ているので、専用の対策もできるのが特徴です。

 

・炎症後色素沈着

炎症をきっかけに起こってしまうシミです。ニキビを撫した後ややけど、炎症などに心当たりがある場合、こちらを考えて見ましょう。年齢に関係がない代わりに、時間とともにメラニンが排出されて薄くなって行きます。

 

・肝斑

女性ホルモンが薄くなく30代後半あたりから急に出て苦しみ。左右が対象で薄い褐色、レーザー治療にはあまり向かないと言われています。頬のあたりにできるので特に目立ってしまう。

ホルモンバランスが崩れることで、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。そのためメラニンの排出が遅れてシミとして出てきてしまう。

 

2、治し方に違いはある?

シミと大きな枠で捉えると見えてこなかったものが見えてきます。シミの種類によっての原因が違うので対策も違うのです。

一般にシミ対策、と書かれているクリームやジェルなどではこうした違いについて詳しく調べられていないため、効果の期待できないものを選んでしまっている可能性もありそうです。

 

3、急にシミが出来る原因

急に頬にシミができた場合、原因はほとんど肝斑と考えてもいいようです。原因もはっきりと特定できるので対策もしやすくなります。簡単にいうとターンオーバーの乱れを正して、美白ができる化粧水が最もお手軽でリスクの少ない対策です。

あまり認めたくない方もいるかもしれませんが(アラフォーの特徴みたいです)、急にできたシミであれば肝斑と割り切ってケアを進めてみましょう。

 

徹底したシミ予防で美白まで!

急に頬にできたシミの原因が肝斑ならばそれ専用の対策を進めるだけで、安全なケアをすることができます。アイテムの選び方によっては最短のスピード美白までできる可能性があるのです。

 

その仕組みではサプリによる化粧水による頬にある肝斑のケアと内側のアプローチ(シミを発生させない予防まで!)を同時に行うことです。

両方が同時に効果を発揮できれば、2倍の早さで実感できますね。予防まで考えた肝斑のケアであれば、こうしたアイテムをうまく使いこなしてみましょう。