レーザートーニングの欠点をなくしてより実践的になった治療がピコトーニングです。しかし、ピコトーニングでもまだまだ副作用の危険性など、完全になくなり切ったわけではありません。

ここではピコトーニングを検討している方に、あらかじめ知っておいて欲しい危険性についてまとめています。リスクを知った上で施術をしたほうが安心して受信ができそうですね。

 

ピコトーニングの副作用は3つ!

ピコトーニングは肝斑の治療に効果的と言われています。低出力の勝者にすることで増悪を回避して安全性がより高くなったと言われています。

将来的にはシミ除去の決定版のようになるかもしれませんが、いまはまだ確実ではなくリスクもあるようです。

1、パチパチした痛みがある

レーザーの治療には多少の痛みはつきもので、ピコトーニングでも同様にパチパチ、や、ピリピリといった痛みがついてきます。

口コミを見ても人によって耐えられる人と、耐えられない人がいるようで、これから先も施術を受けることを考える必要があります。

2、間隔をあけて何度か通う必要性がある

ピコトーニングの間隔は1週間に1度、全部で5回程度を考えるそうです。そのため、定期的に通わなくてはならないようです。また、ピコトーニングが受けられない人の条件というもあるので、注意が必要です。

 

金製剤の服用歴や金糸を使った治療をしている人、光アレルギーの方は受けられないほか、日焼けや肌荒れがひどい方も断られる場合があるようです。

病院によっても違いがあるためまずはカウンセリングなどで施術ができるかどうかの確認をしておきましょう。

3、再発の可能性がある

ピコトーニングでしっかりシミが取れたとしても原因は除去ができていません。いまあるシミがなくなっても再発の可能性はしっかり残ってしまうのです。

シミの原因は体の奥深くにあって外側からの治療では取り除くことができません。一時的には最短の治療になりますが、根本原因へのアプローチまではしれくれないことも注意しておきましょう。

シミ対策は自宅でコツコツが最も効果的

シミの本当の原因は肌の内側にあるターンオーバーの乱れです。今見えているシミがどんなん綺麗になくなっても、その原因をなくさない限りは危険性はなくならないのです。

 

根本の原因をなくそうとするならば毎日のケアは欠かせません。

最新のケアではダーマホワイトという特別な成分とサプリで画期的な美白ケアができる商品もあるので、注意して探して見ましょう。もしかするとピコトーニングのシミ消しよりも満足できる、長期的なケアにできるかもしれません。