ハイドロキノンというビアク成分が開発されてから、シミが剥がれるという報告が出てきているそうです。

それほどの魅力的な成分であるならばすぐにでも使って見たくなりますよね。究極のビアク成分とも言われている特徴とメカニズムについて調べて見ました。

ハイドロキノンがわかる3つの特徴

ハイドロキノンでシミが剥がれるまでのメカニズムについては以下のように考えられています。今すぐにでも使い始めてしみがはがれる実感が欲しいと思うかもしれませんが、まずはじっくりと仕組みについて考えて見ましょう。

1、100倍の美白成分といわれている

驚くべきことに一般の成分と比較をした場合、チロシナーゼという酵素の活性を100倍も抑えることができる結果が出ているそうです。

チロシナーゼ酵素が活発になるとメラニンが発生してシミの原因が発生してしまいます。その意味ではハイドロキノンは100倍の美白効果という言い方もできるようですね。

ただし、100倍早く、とか、100倍白く、という意味ではないので注意が必要です。

2、シミの原因に直接作用する!?

ハイドロキノンの脳一つの魅力はシミの本体と言われるチロシンへ直接のアプローチをしてくれることです。さらにBCDACが守ってくれるため、より高い美白効果が期待で記すようです。

 

シミに直接作用するならば、即効性も期待ができそうです。事実、(しみがはがれるかはその先の問題)シミに対して何かしたの変化があったことを報告する人は増えています。

3、シミが剥がれる

口コミなどで聞かされている内容では「はじめはシミの色が濃くなってきて、かさぶたからぺりっと剥がれる」とよく聞かれています。ハイドロキノンにそのような機能があるかどうかは、口コミによってまちまちですが、その可能性は十分にあるようです。

副作用の危険性は覚悟する必要がある

ハイドロキノンは安全性については個人差もあるようです。シミが濃くなる、剥がれなかった、炎症やかさぶたもありえるということはあらかじめ考えた上で使う必要はありそうですね。

 

確かにシミが剥がれる、と聞くとすぐにでも使い始めて見たいと思いますが、一旦落ち着いて他の人がハイドロキノンを使った感想をもう少し見てみる必要もありそうですね。